03-3645-1490
03-3645-7518(美容専用ダイアル)

〒135-0016 東京都江東区東陽4-5-15東陽町サンキビル6F

予防接種

当院の予防接種

予防接種

当院では成人向けの予防接種として、インフルエンザのワクチン接種を行っています。なお、予防接種とはワクチンを注射することを言います。

そもそもワクチンとは病原体が入った液体です。ただその病原体というのは、感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりすることでつくられたものです。そしてこの病原体(ワクチン)が体内に注入されると体内の免疫システムが働いて、抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくるようになります。これにより、その後同じような病原体に感染するようなことがあっても症状が出なかったり、出たとしても軽く済むようになるのです。

なお、その他のワクチン接種を希望される方は、ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスには、主にA型、B型、C型の3種類があります。これは遺伝子の数、流行のしやすさ、ウイルスの表面の形や感染する動物などによって分類されています。人(ヒト)はA~Cすべての型に感染しますが、C型については大流行することはありません。なので、気をつけなければならないのは、A型(種類が多くA香港型やAソ連型などがある、大流行しやすいタイプ)もしくはB型(それなりに流行する)で、どちらも喉や鼻から感染することで発症します。ちなみに現在使われているインフルエンザワクチンには、A型、B型のウイルスに対して免疫を作る抗原が含まれています。つまり混合ワクチンと言えます。

インフルエンザウイルスに感染すると1~2日間ほどの潜伏期間を経て、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れ、喉の痛み、鼻水、せきなど風邪のような症状も現れます。さらに小児では痙攣や中耳炎、急性脳症の症状がみられ、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化する可能性があります。

このようなインフルエンザの予防で最も有効と考えられているのが流行前のインフルエンザワクチンの接種です。接種してから効果が出るまでに約2週間かかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。多くの場合日本では、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行しますので、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいです。

なお、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変えて異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行うようにしてください。

副作用について

副作用に関してですが、同ワクチンを接種したことで強いアレルギー反応(アナフィラキシー様症状など)が出たという報告はありますが、重い障害や死に至るようなケースは稀です。そのほかよく現れる副反応として、注射部位の痛みなどがあります。ちなみにアナフィラキシー様症状が現れる場合は30分以内に症状が出ることが多いので、接種後30分が経過するまでは院内または近くの場所で安静にされることをお勧めします。

※高齢者の方は、予防接種法に基づく定期のインフルエンザ予防接種の対象になります。費用の一部が助成されますので、お住まいの自治体のホームページをご覧ください。

東陽皮膚科医院 toyo Dermatology Clinic
診療科目
皮膚科・美容皮膚科・内科
住所
〒135-0016
東京都江東区東陽4-5-15
東陽町サンキビル6F
アクセス
地下鉄東西線 東陽町駅から徒歩1分
TEL
03-3645-1490
03-3645-7518(美容専用ダイアル)

受付時間

曜日 受付時間
9:00~18:30
9:00~19:00
9:00~13:00
15:00~19:00
9:00~19:00
9:00~18:30
9:00~12:00
日・祝

休診日:日曜、祝祭日
※美容皮膚科の診察をご希望の方は、受付終了時間の60分前までにご来院ください。